高齢者の低栄養の症状と原因!予防対策についても詳しく解説します

高齢者になると、活動量や行動量が低下するので「お腹が空き」にくくなります。

さらには、面倒だからと「食事の回数を減らす方」も中にはいます。

 

しっかりと食事を摂っていても、体重が減っていく高齢者もいるんですよね。

「ご飯を食べているのに体重が減るの?」と思った方も多いと思います。

 

とっても不思議な現象に思えますが、これにはちゃんとした理由があるんです。

実は、生命活動を維持するための「栄養素」が不足するんです。

 

これを「低栄養」というんですが、実はこの状態はけっこう危険な状態なんです。

それでは最初に、「高齢者の低栄養の症状」から確認していきましょう!

介護ガール
介護ガール

介護経験20年で現役ケアマネジャーの、「介護ガール」がシンプルに解説しますね!

 

【介護ガール・保有資格】

  • ケアマネジャー
  • 介護福祉士

 

高齢者の低栄養の症状

高齢者の低栄養の症状には以下があります。

  • 皮膚状態の変化
  • 体重の減少
  • アルブミン値の低下

 

皮膚状態の変化

高齢者の低栄養の代表的な症状が、「皮膚状態の変化」になります。

具体的な症状は以下になります。

  • 身体に浮腫が見られる
  • 皮膚がもろい
  • 傷などの治癒に時間がかかる

 

体重の減少

高齢者になると「消化吸収機能が低下」するので、ちゃんと食事をしていても体重が減ることがあります。

ですので、低栄養になると更に体重が減ってしまいます。

 

毎月体重測定をして、今の体重を知ることが大事ですね。

 

アルブミン値の低下

低栄養になると、タンパク質であるアルブミン値が低下します。

血液検査で数値を確認することができるのですが、血清アルブミン値が3.5以下は注意が必要です。

 

介護くん
介護くん

低栄養になると免疫力が下がるので、風邪などの感染症に「かかりやすくて治りにくく」なることもあります。

 

高齢者の低栄養の原因

高齢者の低栄養の原因は以下になります。

  • 認知症
  • 咀嚼や嚥下機能の低下
  • 味覚の低下
  • 食事環境

 

認知症

認知症が進行すると、食べることや食べ方を忘れてしまったり、同じもの買ってきて食べたりして、栄養が偏る傾向にあります。

 

咀嚼や嚥下機能の低下

噛む力が低下するので、硬いものが食べれなくなります。

ですので、噛み切れない繊維質なものを避けたりしますね。

 

飲み込む力も低下するので、飲み込みづらくなり「むせたり咳き込んだりする」ことが多くなります。

 

味覚の低下

高齢者になると感覚機能も低下してきます。

唾液の分泌が少なくなり、口腔内が乾燥しがちになります。

 

介護くん
介護くん

食事にしっかりと味がついていても、「味がしない」と言う高齢者の方もいますね。

 

食事環境

一人暮らしの高齢者が増えてるので、一人での食事が寂しくて「食事の回数」が減る方もいますね。

家族がいるときは料理していた方でも、一人になると食事の用意が面倒になりますもんね。

 

低栄養を予防しよう!

低栄養を予防するには以下の方法があります。

  • 栄養補助食品の導入
  • 料理の仕方を変えてみる
  • 一人で食事しない

 

栄養補助食品の導入

手軽なのが、足りない栄養素を取るために「栄養補助食品」を取り入れてみることですね。

飲むタイプやゼリータイプがあるので便利ですよ!

 

料理の仕方を変えてみる

料理の仕方を変えるのも有効ですね。むせたりする食材があるなら、小さく刻んだり、柔らかく煮込んだり、と食べやすくするといいですね。

 

一人で食事しない

同居されている方は家族で食事をして下さい。

一人暮らしの方は、デイサービスに行って大勢と一緒に食事するといいですね。

 

一回の食事量が少ない方は、食事の回数を1日5回などにするといいですね!

高齢者になると毎日の食事がとても重要になってきます。

 

食べたくなる環境づくりも重要ですし、体重の把握と定期的な血液検査も大事ですね。

介護ガール
介護ガール

「低栄養なんだろうか?」と迷ったときは、自己判断よりも「かかりつけのお医者さん」に相談して下さいね!

コメント