高齢者人口の割合と今後の推移予測について分かりやすく解説します!

現在の日本は高齢化社会の真っ只中にいます。

ですので、「日本は高齢者が増えてるんだそうだよ!」との声を聞く機会も増えてきました。

 

ところで、そんな現在の日本の高齢者「実際の人数」をご存知でしょうか?

今回は、「高齢者人口の割合」と「今後の高齢者人口の予想推移」についてのお話になります。

 

それでは最初に、「高齢者人口の割合」から確認していきましょう!

介護ガール
介護ガール

介護経験20年で現役ケアマネジャーの、「介護ガール」がシンプルに解説しますね!

 

【介護ガール・保有資格】

  • ケアマネジャー
  • 介護福祉士

 

高齢者人口の割合

日本における高齢者人口の割合は以下になります。

平成28(2016)年10月1日現在の日本の高齢化の現状

  • 日本の総人口:1億2,693万人
  • 高齢者人口:3,459万人
  • 総人口に占める高齢者の割合:27.3%

(引用元:内閣府WEBサイトより)

 

何歳からが高齢者になるの?

ところで、日本では「何歳からが高齢者」なのかをご存知でしょうか?

実は、日本では65歳以上の人のことを「高齢者」としているんです!

 

高齢者人口の推移予測の公表データ

高齢者人口の推移予測は以下になります。

年次 総人口 高齢者人口 高齢者の割合

  • 1950年 8928万人 411万人 4.9%
  • 1960年 9342万人 535万人 5.7%
  • 1970年 10372万人 733万人 7.1%
  • 1980年 11706万人 1065万人 9.1%
  • 1990年 12361万人 1493万人 12.1%
  • 2000年 12693万人 2204万人 17.4%
  • 2010年 12806万人 2948万人 23.0%
  • 2020年 12532万人 3619万人 28.9%
  • 2030年 11913万人 3716万人 31.2%
  • 2040年 11092万人 3921万人 35.3%

 

これこそが、日本が直面している「高齢化社会」なんですよね。

 

退職後の人生にメリハリをつけるために!

ただし、高齢化もマイナス点ばかりではありません。

最近、そんなに多くはありませんが「60歳~70歳前後の女性」で介護の仕事を始める方が増えてきたんです。

 

退職して「人生でやりたかったこと」を一通りしたら、時間を持て余すことになったんだそうですよ。

実は、「60歳~70歳前後の女性」は介護職にかなり向いてるんですよね。

 

というのも、「掃除・洗濯・料理」のベテラン選手ですからね。

若い世代では到底到達できるレベルにはありません。

 

ただし、身体的な介護に関しては若い介護者には及びません。

ですので、世代間で得意なことをすればいいんですよね。

 

身体的な介護に関しては若い世代にサポートしてもらえばいいですよ!

 

人の気持に寄り添えるのが「真の介護」

私が「60歳~70歳前後の女性」が本当に介護職に向いてると思う理由は、「高齢者の方の気持ちに寄り添える」からですね。

これも若い世代ではなかなか難しいですもんね。

 

60歳~70歳前後の女性も、「人の役に立てるのが嬉しい」と言ってくれてますね。

人って誰かに感謝されると、心から嬉しいもんなんですよね!

 

最近の高齢者の方はお元気ですので、簡単な仕事をしている方も多いですよね。

介護ガール
介護ガール

私達現役世代も負けてられないですね!

コメント