口腔ケアの目的と必要性を知ろう!高齢者向けの手順についても解説

日本で高齢化が進むと共に必要性が増してきたのが「口腔ケア」になります。

「口腔ケア」と聞くと、いまいちピンとこない方もいらっしゃるでしょうが、簡単に言うと「歯磨き・うがい」のことです。

 

「口腔ケアなんて大げさだよ!ただの歯磨きでしょ?」と、私も最初は思ってました。

しかし、どうやらそうではなかったんですよね。

 

「8020運動」をご存知でしょうか?

これは、「80歳になったときに自分の歯を20本残そう!」という厚生労働省や日本歯科医師会が推進する運動になります。

 

自分の歯が20本以上あれば「食事を楽しんで味わえる」んだそうです。

高齢者の方にとって、自分の歯で食事ができることは生きるチカラになりますもんね!

 

今回は、「口腔ケアの目的と必要性」と「高齢者の口腔ケアの手順」についてのお話になります。

それでは最初に、「口腔ケアの目的」から確認していきましょう!

介護ガール
介護ガール

介護経験20年で現役ケアマネジャーの、「介護ガール」がシンプルに解説しますね!

 

【介護ガール・保有資格】

  • ケアマネジャー
  • 介護福祉士

 

口腔ケアの目的

口腔ケアの目的は以下になります。

  • 虫歯や歯周病の予防
  • 唾液を分泌し口腔内を清潔に保つ
  • 口腔内の乾燥を防ぐ
  • 味覚の改善口臭予防
  • 生活の質の向上

 

口腔ケアの目的は「虫歯や歯周病の予防」

口腔ケアの最大の目的は、「虫歯や歯周病の予防」になります。

前述したように、自分の口で好きなものを食べるということは、当たり前のようですが「高齢者の方には生きる自信と希望」になります。

 

さらに、高齢者の口腔内は乾燥しがちなので「唾液は浄化作用などの働き」があるので必要になります。

お口が乾燥していると細菌が繁殖して「口臭」を起こしやすくなるので注意が必要ですよ!

 

口腔ケアの必要性

口腔ケアの必要性は、「誤嚥性肺炎の予防」になります。

誤嚥性肺炎とは、食べ物などが「間違って肺に入り込む」ことによって引き起こされる肺炎のことですね。

 

具体的には、「肺に入り込んできた食べ物」に付着してる細菌が肺の炎症を起こします。

とっても残念なことですが、実は肺炎で亡くなる高齢者の方は多いんですよね。

 

誤嚥性肺炎には口腔体操も効果的

高齢者の誤嚥性肺炎の予防に最適な方法が、「口腔ケア」と「口腔体操」になります。

食事の前に口腔体操をして食事のあとに口腔ケアをする、とさらに効果が高まりますよ!

 

 

高齢者の口腔ケアの手順

高齢者の口腔ケアの手順は以下の順番がおすすめです。

  • うがい
  • 入れ歯の掃除
  • 歯ブラシなどを使ってのブラッシング

 

うがい

基本的には、毎食後に口腔ケアして下さいね!

 

入れ歯には歯磨き粉をつけたらダメ!

入れ歯を掃除する時に、やってしまいがちな失敗が「歯磨き粉で磨く」になります。

歯磨き後には研磨剤が入っているので、入れ歯が削れてしまうので注意して下さいね!

 

介護ガール
介護ガール

お口の中の健康を保って長生きしてもらって下さいね!

コメント