高齢者の食事の問題と注意点!拒否された時の対応もケアマネが解説

高齢者の方の大きな楽しみの1つに「食事」があります。

若い人も食事が楽しみな方は多いですが、高齢者になると食事に対する楽しみの重さが全然違うんですよね。

 

と言うのも、人は年齢と共に身体機能が衰えてきます。

介護くん
介護くん

となると、若い頃は多趣味で活動的だった方も「趣味などの楽しみ」が少なくなっていく傾向があるんですよね。

 

高齢者の方に、「何かしたいことはないですか?」と聞くと、よく返ってくる言葉があります。

それが、「美味しいものが食べたい」になりますね。

 

高齢者の方の食事には、「栄養補給と楽しみ」と言う2つの大きな意味があるんですよね。

それでは最初に、「高齢者の食事に関する注意点」から確認していきましょう!

介護ガール
介護ガール

介護経験20年で現役ケアマネジャーの、「介護ガール」がシンプルに解説しますね!

 

【介護ガール・保有資格】

  • ケアマネジャー
  • 介護福祉士

 

高齢者の食事に関する注意点:誤嚥防止

高齢者の食事に関する最大の注意点が、誤嚥防止になります。

誤嚥とは、食べ物や唾液が食道に入らずに「気管に誤って入ってしまうこと」を言います。

 

誤嚥すると咳をして、「気管に入った物」を出そうとするんです。

介護くん
介護くん

これは、人間の持つ防衛反応の1つですね!

 

食事の姿勢が大事

高齢者の方に安全に食事をしてもらうには、「食事のときの姿勢」が大事になってきます。

顎が上がって頭の重心が後方になるにつれて、気道が開いて「誤嚥の確率」が高まります!

 

誤嚥すると、誤嚥性肺炎になるリスクが高まるので注意が必要ですよね。

介護ガール
介護ガール

誤嚥性肺炎とは、誤嚥した食べ物等と一緒に「口の中の細菌」が肺に入って炎症を起こすことを言いますよ。

 

高齢者の食事の問題点

低栄養状態になることも

高齢者になると「噛む力や飲み込む力」が弱くなっていきます。

そうなると、「栄養を吸収する力・消化吸収する能力」も必然的に低下してしまいます。

 

介護くん
介護くん

身体が栄養を取り込みにくくなると、しっかり食べていても体重が減って「低栄養の状態」になることもあるので気を付けて下さいね!

 

味覚が低下する

高齢者になると、「甘い辛い」などの味覚が低下します。

味覚の低下とともに、食事に関する意欲も低下します。

 

空腹を感じにくくなる

高齢者になると行動量が減るので「空腹」を感じにくくなります。

介護ガール
介護ガール

それでは次に、高齢者の方が「食事をしたくない!」と言ったときの対応の仕方について見ていきましょう!

 

「食べたくない!」と拒否されたときの対応の仕方

好きなものから勧めてみる

自分の好きな食べ物があれば、「食べてみようかな!」という気持ちが高まりますよね。

 

盛り付けを工夫してみる

1皿を少なく盛り付けてみると、「これだけでも食べてみようかな!」という気持ちが高まりますよね。

 

食べる形態を変えてみる

食べやすい形状で出してみる。

固くて食べれなかったり、入れ歯が合っていなかったり。

 

何かしらの理由があって 食べる気持ちが低下しているだけかもしれませんからね。

食べやすい物は、プリン・卵豆腐、茶碗蒸し等の「つるんとして喉越しの良い物がおすすめですよ!

 

介護くん
介護くん

食べにくいものは、イモ類・ごぼう等の「繊維質が硬いも」がありますね。ちなみに、「カステラ・パン等」も意外に食べにくいんでお気をつけ下さい!

 

食べる環境を変えてみる

食べる環境をガラッと変えたいなら、「室内 → 室外」がおすすめですね。

ピクニックだとついつい食べちゃいますもんね。

 

いつも1人で食事している方であれば、「誰かと一緒に食べてみる」も効果が高いですね。

雰囲気を変えることで「食事に対する意欲」って出てくるもんなんですよ!

 

無理矢理に食べさせるのは最悪の対応

食べたくないと拒否されたときの対応の仕方で、1番よくないのが「無理矢理に食べさせること」になります。

「食事が嫌なこと」になってしまって、食べたくない気持ちに拍車がかかっては元も子もありませんよね!

 

食事拒否にの対応方法はいろいろ工夫し「その人に合った方法」を見つけることになります。

残念ですが、この方法を使えば「みんなが食べるようになった!」という正解はありません。

 

介護ガール
介護ガール

色々と試してだめなときは、「一人で抱え込まない」で、ケアマネさん等の専門家に相談して下さいね!

コメント