高齢者は何歳から?の定義に見直しがありそうなので詳しく解説します

昔に比べて、最近の高齢者には「かなりお元気な方」が増えています。

多くの高齢者の方が、趣味やボランティアを満喫されてる印象を受けます。

 

ふと思い浮かべてみると、私が幼少の頃の高齢者といえば「腰の曲がったおじいさんやおばあさん」が連想されます。

そう考えてみると、最近の高齢者の中にはそういう方を見ることは少なくなりましたよね!

 

元気な高齢者が増えてきたので、巷では「高齢者の年齢定義の見直し」の話しも出てきていますよね。

今回は、「高齢者は何歳から?」と「高齢者の定義の見直し」についてのお話になります。

 

それでは最初に、「高齢者は何歳から?」から確認していきましょう!

介護ガール
介護ガール

介護経験20年で現役ケアマネジャーの、「介護ガール」がシンプルに解説しますね!

 

【介護ガール・保有資格】

  • ケアマネジャー
  • 介護福祉士

 

高齢者は何歳から?

「高齢者は何歳から?」については、実は定義が決まっているんです。

以下の厚生労働省の「生活習慣病予防のための健康情報サイト」が参考になります。

国連の世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上の人のことを高齢者としています。65-74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と呼びます。

(引用元:厚生労働省WEBサイトより)

 

高齢者には前期と後期がある

上記の引用を見ていただくと分かると思いますが、実は「高齢者には2つの区分」があるんです。

  • 前期高齢者:65歳から74歳
  • 後期高齢者:75歳以上

 

最近の「65歳~70歳代の前半の方」はまだまだ元気一杯のような気がするので、高齢者と呼ぶのは気の毒ですよね。

介護くん
介護くん

高齢者と言われることで老けちゃう可能性も否めないもんね。

 

日本における高齢者の割合

ところで、最近の日本には「何人くらいの高齢者」がいるかご存知ですか?

日本における高齢者の割合は以下になります。

 

平成28(2016)年10月1日現在の日本の高齢化の現状

  • 日本の総人口:1億2,693万人
  • 65歳以上の高齢者人口:3,459万人
  • 前期高齢者:1,768万人
  • 後期高齢者:1,691万人

総人口に占める高齢者の割合:27.3%

(引用元:内閣府WEBサイトより)

 

現在では、日本のおよそ「4人に1人」が高齢者なんだね。

介護ガール
介護ガール

実は、元気な65歳以上の高齢者が増えてきたので、「高齢者の定義の見直し」の声もあがってるんです!

 

高齢者の定義の見直し案

高齢者の定義の見直し案は、「日本老年学会のレポート」が参考になるので紹介しますね。

わが国を含む多くの国で、高齢者は暦年齢 65 歳以上と定義されています。しかし、この定義には医学的・生物学的に明確な根拠はありません。わが国においては、近年、個人差はあるものの、この高齢者の定義が現状に合わない状況が生じています。

(引用元:日本老年学会・「高齢者の定義と区分に関する提言」より)

 

日本老年学会の提言

日本老年学会の提言する「高齢者の定義」は以下になります。

  • 65~74歳:准高齢者(pre-old)
  • 75~89歳:高齢者 (old)
  • 90 歳~:超高齢者(super-old)

 

つまり、日本老年学会は、「高齢者の定義は75歳からにしよう!」と提案してるんですね。

75歳はちょっと行き過ぎだから、「70歳からを高齢者の定義にしよう!」と言う意見も別では出てるそうですよ!

 

超高齢者は、「スーパーオールド(super-old)」なんですね。

介護ガール
介護ガール

何かカッコいい響きがしますね。いつまでもお元気で居て下さいね!

コメント