グループホームでのレクリエーションにはちょっとした工夫がいるよ!

今回の記事は、

  • グループホームでのレクリエーション
  • おすすめは料理レク

について、現役ケアマネジャーの私が解説します。

 

よちる
よちる

認知症の方へのレクリエーションには少し工夫が必要です。長いと集中力が続かないし、難しいルールだとやりたくなくなるからですね。

 

グループホームでのレクリエーション

グループホームの特徴は、ゆったりと家庭的な雰囲気の中での生活になります。

ですので、「レクリエーションなんてしてない」と思っている方が結構います。

 

しかし、実はグループホームでもレクリエーションが行われているんです。

グループホームでレクリエーションになるものは、「洗濯、園芸、散歩」などがあるんですよね。

 

ちょっとした空き時間にレク

実際、私が勤めていたグループホームでもレクリエーションをしていましたよ。

ただし、デイサービスのように大々的ではありませんね。

 

お茶の時間やバイタルチェックなど、みんながリビングに集まる「ちょっとした時間」に行います。

まさじろ
まさじろ

レクリエーションしている時は、認知症があるからとか、そういうことは全く考えてなく、みんなで楽しみたいっていう気持ちしかないですもんね!

 

グループホームのレクリエーションの種類

グループホームのレクリエーションのおすすめがコチラになります。

  • 料理レク
  • 指体操
  • 脳トレ・クイズ
  • 歌レク

 

よちる
よちる

認知症の方のレクリエーションは、簡単・シンプルが一番ですよ!

 

料理レク

料理レクは、「グループホームならでは」のレクリエーションになります。

私が勤めていたグループホームでは、スタッフが毎回の食事を作っていました。

 

認知症があってもみなさん家事の大先輩になります。

ですので、料理づくりで「できそうなことは手伝って」もらいます。

 

手が覚えているのでしょうね、「野菜の皮むき・材料を炒めたり」と手際よくしてくれます。

 

スタッフが注意深く見ること

「包丁を扱うことが危ないんじゃないの?」と心配される方もいらっしゃいます。

しかし、そこは「スタッフがよく見て」いれば大丈夫です。

 

私が勤めている時は、包丁で手を切った方はいませんでした。

 

さらには、

  • 入居している人の身体状態
  • その日の認知症の状態

を把握することも大事ですね。

 

ゆっくりとススメてあげて下さい

片麻痺の方に、材料を切ってもらうことは難しいと思います。

しかし、味付けの相談や「かき混ぜてもらうこと」は可能ですもんね。

 

認知症の方はその日の状態によって、「いつもはできることができない日」もあります。

「いつもできているよ!」と声掛けしても、いつもしていることを忘れてしまっているです。

 

人は、できてたことができなくなっていると不安になります。

よちる
よちる

ゆっくりと、その日の様子を見ながら進めることが大事ですね。

 

指体操レク

指折り

親指から順番に指を数えながら曲げていく。

それができたら、小指から順番に曲げていく。

 

指回し①

両手でピラミットを作り、親指だけを回し次に人差し指を回すと順番に小指まで回す。

 

指回し②

左手の親指と右手の人差指をくっつけて、次は左手の人差し指と右手の親指をくっつける。

それを繰り返えします。

 

グーチョキパー

ゆっくりと、「ぐーちょきぱー」と手を動かし、だんだん早くします。

慣れてきたら、次は「ぱーちょきぐー」にしたりします。

 

1.2.3

【手遊び】12の3の4の2の5

「1・2・3の4の2の5」「3・1・2の4の2の5」と歌に合わせて指を動かします。

 

指ずらし

普通に指を折っていく前に、右手の親指を折っておく。

右と左の曲げる指が違うのでちょっと難しいですね。

 

脳トレクイズ

しりとり

普通のしりとりもしますが、3文字限定のしりとりなども楽しいです。

 

トランプ

ばばぬきや神経衰弱などが盛り上がります。

 

思い出し

魚の名前や野菜の名前など思いつくまま言ってもらい50個出たら終了。

 

季節の食べ物

今日の日付を確認し、その時期に美味しいものなどをみんなで言い合います。

 

歌レク

懐かしの歌をみなで歌う

歌詞本などを用意してみんなで歌う。できれば季節感が出るものを選ぶ。

 

文字抜き

簡単な歌「七つの子(カラスなぜ泣くの)」でかを抜いてなど、1文字を抜いてみんなで歌う。

 

肩たたき

「もしもしかめよ」の歌に合わせて両肩を叩く。

最初は左右8回、次は左右4回、次は2回で最後に手をパンと叩く。

 

よちる
よちる

「一緒に生活して・一緒に話して・同じ時間を過ごす」ことも、レクリエーションの1つと言えますね。

タイトルとURLをコピーしました