デイサービスとデイケアの違いについてシンプルに解説しますね!

「デイサービスとデイケアの違い」については、利用者の家族さんによく聞かれる質問の1つですね。

高齢化社会になって、介護保険のことが以前よりは世間一般に知られるようになりました。

 

しかし、まだまだ分かりにくいことは多いですよね。

実際、私がヘルパー2級を取得して働き出したときも分からないことだらけでした。

 

介護業界にいる人間でさえ分からないのですから、世間一般の人が知らないのも当然だと思いますよ!

よちる
よちる

今回は、「デイサービスとデイケアの違い」について、ケアマネの私が解説しますね。

 

デイサービスとデイケアの違い

デイサービスとデイケアの違いは、「介護を目的にしてる」か「医療を目的にしてる」かになります。

 

デイサービス

デイサービスは、社会との交流や家族さんの介護負担の軽減を主としています。

リハビリは、機能訓練指導員が機能の低下を予防するために実施しています。

 

デイケア

デイケアは、リハビリで機能の維持・向上を図ることを主としています。

デイケアでは、医師の指示に基づいたリハビリを行います。

 

専門のスタッフが、身体機能などの維持や向上を目的としたリハビを行います。

よちる
よちる

それでは、デイサービスとデイケアを詳しく確認しましょう!

 

デイサービスの特徴

デイサービスは通所介護といって、要支援から要介護の人が利用できます。

  • 自宅に送迎車で送り迎えをする日帰りのサービスです
  • 入浴、食事、健康管理、機能訓練、レクリエーションなどのサービスがあります
  • 自宅での入浴に不安がある方が安全に入浴することも目的の1つになります
  • 独居の方の閉じこもり予防や家族様の介護負担の軽減

 

デイサービスに来られる人と交流して、レクリエーションや体操で体を動かし、楽しみや生きがいを持ってもらう。

 

デイケアの特徴

デイケアは通所リハビリテーションと言って、要支援から要介護の人が利用できます。

  • 自宅に送迎車で送り迎えをする日帰りのサービスです
  • 入浴、食事、健康管理、機能訓練などのサービスがあります
  • リハビリの機械が充実していて医師の指示に基づく専門的なリハビリが受けられます
  • 常勤の医師がいるので、医療的なケアが必要になってもすぐに対応できます

 

デイケアは、主治医から必要と認められた場合に利用可能となります

デイサービスもデイケアも体験利用ができるので、まずは体験してみることをオススメします。

 

よちる
よちる

利用を検討してる方は、担当のケアマネジャーさんに相談してみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました